津市・和食・懐石の料理工房緑彩ブログ
Page: 1/256   >>
三重県津市「あのりふぐ」天然虎河豚三重県ブランド
0


    前菜
    まずは人気の白子ポン酢、次に定番のコラーゲンたっぷりの河豚煮凝り、フグ皮を出汁で煮てフグ皮のゼラチン質で固めた一品、やっぱり天然のフグ皮は旨みが違います、女性に大人気。
    身皮の難波焼きは身皮で葱を巻いて備長炭で焼き上げた一品、フグの旨みと芳ばしい香りと葱の甘みと香りが合わさった絶品です。
    その他河豚の手毬寿司やあられ粉揚げと季節料理を盛り込みました。




    てっさ
    あのりふぐの甘みと旨みを堪能ください。




    白子好きにはたまらない備長炭で焼きあげたフグ白子焼き、ゆうまでもなく絶品の一品。
    (白子が大きくなってくるのは12月後半から年明けになります。)





    身皮やトウトウミやサメ皮をサラダ仕立てにしました。
    雲丹ソースと自家製カラスで召し上がっていただきます。




    緑彩オリジナルスパイスでカラッと揚げたフグの唐揚げ。
    アツアツのフグの唐揚げはやっぱり美味しいです。




    そしていよいよ鍋の登場です、緑彩では遠慮せずにたっぷり召し上がって頂けるよう一人鍋でおだししています。
    あのりふぐの旨みが広がる絶品フグ鍋をお楽しみください。




    最後はフグ旨みがたっぷりでた出汁でつくるフグ雑炊。

    ふぐ懐石の詳細は→こちらへ
    | ryokusai | 23:32 | comments(0) | - | - |
    三重県津市伊勢海老「松葉ガニ」「越前がに」「加能ガニ」「間人ガニ」「セイコガニ」
    0



      蟹尽くしの前菜
      季節の前菜に蟹料理を3品盛り込みました。爪のアーモンド揚げはアーモンドの芳ばしい香りと蟹との相性が絶妙です、定番ではありますが間違いなく美味しい蟹寿司、旬の菊菜と蟹を合わせて柿のペーストと土佐酢をあわせた酢を掛けた、蟹と菊菜の柿酢掛け。
      *前菜内容は月によりかわります






      煮物椀
      蟹の身を少量のすり身をまとめ、血合い抜きの本枯れ節と奧伊勢飯南の岩清水で引いた出汁をはります。




      お造り
      活けズワイガニの身をカラから外し氷水に放って身をしめて、花を咲かせます。
      山葵醤油も美味しいですが、蟹味噌醤油で食べる刺身も格別な美味しさです。




      焼きガニ
      紀州備長炭で焼きあげた蟹の身はうまみが凝縮して蟹旨みが口のかなにあふれます。



      焼きガニを蟹味噌で




      海老芋の蟹餡掛け
      葛粉を付けて油で揚げて、海老芋に蟹身たっぷりのアツアツの餡を掛けます。




      「セイコガニ」もしくは「香箱がに」内子に外子好きにはたまりません。




      セイコガニの甲羅詰め。

      今回ご紹介したお料理は1例です。
      蟹鍋に蟹雑炊などお客様のご要望により色々な蟹料理をさせて頂いております。
      御気軽にお問い合わせください。

      ここ
      | ryokusai | 22:44 | comments(0) | - | - |

      メールマガジン登録・解除

      メルマガ

      新着記事

      カテゴリー

      カレンダー

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      Profile

      Search

      Archives

      Feed

      Others

      Mobile

      qrcode