津市・和食・懐石の料理工房緑彩ブログ
Page: 1/246   >>
幻のお米黒田米
0
    日本料理にとってお米は重要、緑彩でも20年に渡りお付き合いのある津市一身田でお米を作られてる農家さんでお世話になっていましたが、高齢で米作りを辞めやれるとのことで問題発生(ToT)
    甘味がありモチモチしたお米は炊きたては勿論、冷めても美味しいお米、これと同じようなお米を探すのはかなりの難問
    農家さんに同じようなお米で黒田米というのがあるとは聞いてたのですが、幻のお米と言われるくらいでなかなか入手困難で、他のお米も色々食べてみたのですが、理想のお米が見つからず苦戦してるなか、いつもお世話になっている魚屋さんのご紹介で今年の10月より黒田米の新米を使っています
    本当に助かりました
    素晴らしいご縁に感謝です。



    幻のお米、黒田米
    ●黒田米は、旧黒田村現在の津市河芸町地域で作られる米で「南黒田」(ミナミクロダ)、「三行」(ミユキ)、「北黒田」(キタクロダ)、「高佐」(タカサ)、「浜田」(ハマダ)、「赤部」(アカブ)の6つの地区で作られる米を黒田米といいます。粘りけの多い粘土質の田んぼで作られるお米は甘味ありモチモチとした食感のたいへん美味しいお米です。黒田米は、江戸時代から各藩に珍重された歴史があるそうです。

    緑彩公式ホームページは?こちら
    | ryokusai | 22:03 | comments(0) | - | - |
    津・松阪 お食い初め ご予約はお早めに(^^;
    0
      こんにちは♪
      緑彩 女将の伊藤恵子です(^^)/

      朝晩涼しくなってきました^^
      季節の変わり目は体調を崩しやすいので、気を付けないといけませんね(^^;



      今日のお客様は…
      むちむちホッペが可愛い(*´ω`*)「哲平(てっぺい)くん」です♪ヽ(´▽`)/

      長寿にあやかりお祖父様にお食い初めの儀式を進めていただきました♪

      必ずしも…という決まりではございませんのでお父様やお母様がされても構いません。
      縁起担ぎという意味で、男の子は男性の年長の方に、女の子は女性の年長の方にしていただいています。

      お子様が一生食べるものに困らないよう、丈夫な歯が生えますよう願いを込め、お食い初めの儀式が滞りなく行われるようお手伝いさせていただきます^^


      お食い初めの詳細は→こちら



      ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話下さいませ。



      緑彩 三重県津市半田403-9
      TEL 059-229-2321

      | ryokusai | 17:27 | comments(0) | - | - |